社会で大切なのは コミュニケーション力を身につけよう

社会が求めるコミュニケーション力

今まだ学生として生活している人も、いつかは社会に出て活動していかなくてはならない。それがたとえどんな仕事であっても、一人で成果をあげること・たった一人で何かを成し遂げることはできないだろう。必ず誰かに支えられ、また誰かを支えながら共生していかなければならないのだ。その中で大きな武器になるものは数多くあるが、その一つがコミュニケーション力である。
人と話すことが得意な人や人と一緒にいることが好きな人もいるが、中にはそうでない人もいるのである。また、話術に長けていればいいというわけでもない。自分の意見だけを饒舌に語り、それを頑なに固持するだけでは、人対人の場では簡単にあしらわれてしまうだろう。一本筋の入った意見を持ち、それを胸に秘めているままではなく行動に移すことが大切である。そしてもう一つ、他の人の話をよく聞き、簡単にそれを批評する前によくよく吟味してみることも大切だ。それの繰り返しこそが、社会の仕組みである。
実際に社会人になったとき、自分は人と話すのが苦手だという意識を持ってしまう人は多い。新社会人が早々に会社を辞める理由としてもよく耳にする話だが、コミュニケーション力は急に身につくものではないのだ。努力とまではいわなくても、人と話す機会を増やすことで力を蓄え、育てることは可能といえる。よく、学生時代の感覚で、社会に出た時のコミュニケーション力の有無を重要視する場合がある。しかし、学生時代のコミュニケーション力と社会人として求められるコミュニケーション力は、限りなく似て非なるものだということを認識することが重要だ。
学生時代から社会に通用するコミュニケーション力を身につけたいと思うのであれば、多くのアルバイトを経験するといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です