社会で大切なのは コミュニケーション力を身につけよう

コミュニケーション力さえあれば

コミュニケーション力とは、どういった時に役立つものなのだろうか。それは、日々生きていく中で、自然とその生きていく環境が主に作り出していくもののように思う。その人の生きてきたルーツを調べれば、その人がどうできあがってきたのかが分かる。そして、それらが役立つ時は集団生活をしたり、1対1で話したりする時に出てくるものだ。昔は近所付き合いなどが当たり前にあったため、そのような力を意識することなく自然にできていたといえる。しかし、今の時代は人と人とが触れ合える機会が減ったように思う。そのおかげで、まるで自分一人で生きてきたかのような言い方をする人まで出てきてしまう始末だ。
学校や社会では、どうしても集団生活をしなければならない時がある。それが苦手な人は、周りから「協調性がない」「浮いている」「コミュニケーション能力がない」などといわれてしまう。小さい頃からうまくコミュニケーションが取れない人は、人と接するのを避けがちになる。学校や社会からも逃げてしまい、引きこもりやニートなどになって社会という世界から脱落してしまう傾向にあるのが現実だ。うまくいかないことが重なり、人との接し方もわからない。生きている意味さえ分からなくなって、最悪の事態になってしまうのも珍しくないのだ。
このように、コミュニケーション力というのは、生きていく中では決し欠かせないものである。逆に言えば、すべてうまくいってなくても、コミュニケーションさえうまく取れていれば助かることは山程あるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です